有用なレンズ豆絶滅の危機に瀕していた飢餓レンチは、エジプトのピラミッドの建設の前に、最も古い作物のひとつです。今日、レンズ豆は、栄養士と健康を守るすべての人々の関心の対象となる利益と害が、今もなお人気があります。

この理由は、優れた味、高い栄養価、小さな平らな種子の殻の下に隠された豊富な栄養素です。

レンズ豆に有用なもの:組成とカロリーの内容

レンズ豆100g中で297kcal最近まで、料理を準備すると、人々はそれが完全で美味であるように気をつけた。現代人は食糧のメリットはそれほど重要ではありません。

レンティルは3つの要件をすべて満たしており、そのミクロおよび多量栄養素の組成、カロリー量およびビタミンの含有量がそれを証明しています。

レンズマメの有用な特性は、いくつかの要因で構成されています。 100グラムの乾燥種子には297 kcalが含まれています。そのようなレンズ豆の部分では:

  • 23グラムのタンパク質;
  • 1.6グラムの脂肪;
  • 46.2グラムの炭水化物。

種子やそれらからの料理は繊維が豊富です。多量の栄養素の中で、医師、リンとカリウム、マグネシウムと硫黄、ナトリウム、カルシウムによってこの豆の文化が評価されています。マイクロエレメントの組成はあまり豊富ではない。それは、ホウ素とニコール、チタン、コバルト、シリコン、フッ素、モリブデン、ヨウ素、銅、セレン、鉄、亜鉛が含まれています。

レンズ豆には何が役立つのですか?また、種子におけるミネラル塩及び栄養素が含まれているビタミンA、PP、E、ならびにトコフェロール、リボフラビン、チアミンを含むグループBのビタミン、セット。

定期的にメニューのレンズ豆を含む、簡単にエネルギーをあなたの体に燃料を供給し、健康を向上させるために、貴重な鉱物のビタミン埋蔵量を補充することができます。

人体へのレンズ豆の使用

中程度の消費は有益です他の植物文化の中のマメ科植物は、栄養素の中のリーダーです。レンズ豆は例外ではなく、その種子は、豆、豆、エンドウ豆などの消化器官に刺激作用を及ぼさない。

身体のためのレンズ豆のこの利点はそこで終わらない。豊富な繊維は腸を積極的に収縮させる。便秘に対処することはできません増加蠕動運動のため、レンズ豆は、積極的に増加したガスやその他の不具合を発生させることなく、毒素を取り除きます。

レンズ豆の組成物中のビタミンは、体のために置き換えられません。種子はビタミンCが豊富ですが、その同化は、レンズ豆におけるニコチン酸の存在なしには不可能です。マグネシウムと鉄塩有益な代謝プロセスのコース上の消化器官への影響、だけでなく、心臓、血管、神経系の造血とともにチアミン、。

レンズマメの定期的な消費は、血液の質を改善するのに役立ちます。有機体の鉄は、ヘモグロビンの生成を刺激し、赤血球の最適レベルを維持する。

コレステロールの不足は、アテローム性動脈硬化症、脳卒中、および心臓発作の危険性に役立ちます。葉酸は抗癌作用を有する。レンズ豆の利点と害について言えば、リボフラビンの存在を無視することはできません。このビタミンは、性的な球体と内分泌系には置き換えられません。

レンズ豆のお粥種子からの治癒と予防目的の料理と一緒に、彼らはレンズ豆の煎じ薬を使用し、また芽を出します。彼らは、乾燥果実とは異なり、アスコルビン酸が非常に豊富であり、カロリーが低い。これは、タンパク質、食物繊維、有用な炭水化物の優れた供給源です。

体重を減らす際のレンズ豆の使用

発芽したレンズ豆の使用繊維の高濃度、比較的低カロリーとビタミンやミネラルの豊富なリストの組み合わせは、自分の体重と健康を見ている人のためのレンズ豆の優れた製品を作ります。

レンズ豆の料理は、人がすぐに飽きて空腹感を感じないようにします。さらに、繊維構造体は、刷毛のように、未配線の残留物、スラグを清掃する。レンズ豆は放射性核種や毒素の体を浄化することができます。

減量のためのレンズ豆の使用は、品質飽和だけでなく、回復にも向いている。体重減少期間中の各サービング中の多数のタンパク質は、筋肉組織の優れた状態を維持することができる。

食物繊維は厳しい食生活でさえも積極的に働き、体重減少に寄与します。

男性の健康のためのレンズ豆の使用

トマトとレンズ豆レンズ豆の抗炎症特性、血管および心臓の状態に対する有益な効果は、この製品を男性性的球面の問題の治療に非常に有用なものにした。このタイプのマメ科植物の煎茶と煎じ薬は、薬物療法と一緒に使用されます:

  • 前立腺炎、
  • 勃起不全を検出すると、
  • 腫瘍学的および炎症性疾患の予防としての使用。

レンズマメのすべての利益のために、その文盲の使用からの害は非常に深刻なことがあります。したがって、医師の推奨に従うことと伝統的な治療を無視することを忘れないでください。

タンパク質の供給源であるレンテイルは、筋肉量の体重および状態を監視する運動選手にとって有用である。

女性と子供のためのレンズ豆の使用は何ですか?

授乳用レンズマメマメ科植物は、グループBと効果女性の身体のホルモンの作品に似ているレンズ豆多くの化合物のこれら以外にも、種子のビタミンが豊富です。植物エストロゲンは更年期の経過を促進する:

  • 血圧を正常化する。
  • 心拍数を調整する。
  • 潮の数と深さを減らす。
  • 癌細胞の破壊的作用から身体を保護する。
  • 安定した気分と作業能力を維持します。

身体のためのレンズ豆の使用は何ですか?クレンジングの性質と種子の栄養価のために、マメの料理は筋肉の重量と調子を維持するのに役立ちます。

トリプトファン、貴重なアミノ酸は、妊娠、出産後、PMSや更年期の間、気分のむらに悩まされ、女性が安全に月経を運ぶのに役立ち、また、種子の中に存在しています。

レンズマメは私の母に与えられますか?この製品を食事に含めると、赤ちゃんにどのような影響がありますか?この種のマメの特異性は、アレルギー反応がなく、他の関連する培養物のガス産生特性が高まることである。

したがって、適度な量のレンズ豆は、女性の健康を妨げるだけでなく、逆に有用な心のこもった料理を妨げません。

  • 栄養素の補給。
  • 身体をエネルギーで満たし、気分を改善する。
  • 消化器系の能動的な仕事をサポートし、毒素と毒素を取り除く。
  • 肌や髪の美しさの維持に貢献する;
  • 母乳の質を改善する;
  • 優れた貧血予防薬としての役割を果たすでしょう。

筋肉の緊張と強い骨を維持するための自然療法として使用することにより、年間母乳と子どもの栄養とレンズ豆。外側に、レンズ豆の粉と油の混合物は、赤ちゃんの皮膚のための安全な鎮静、抗炎症剤として使用されています。

レンズ豆の使用に対する害と禁忌

レンズ豆の料理レンズ豆の皿は選手、菜食主義者、人々のメニューの欠かせない部分であり、健康を守り、体重を維持します。

このメニューでは、糖尿病、アテローム性動脈硬化症、泌尿生殖器系疾患の患者さんは確かに安心感を感じます。しかし、常にレンズ豆が有用であるとは限らず、人が次のような場合、その使用から健康に有害である可能性があります。

  • 痛風;
  • 尿石症;
  • 腸のすべての部分において炎症性プロセスを引き起こす。

さらに、少数の人々が製品の個々の不耐性を持っています。したがって、レンズ豆がどんなに美味しいものであっても、その使用は常に適度であり、医師によって承認されるべきである。

レンズ豆の使用は何ですか – ビデオ